Newton Sanseido Net Book Shop
    << 戻る

大隕石衝突の現実
数 量:



2013年2月15日,まばゆい閃光と激しい衝撃波をともなって,ロシアに巨大な隕石が落下しました。直径17メートルの小惑星が,秒速18キロメートルという猛スピードで地球に衝突したのです。さらに翌日には,直径45メートルという小惑星「2012 DA-14」が,月の軌道の内側という至近距離にまで地球に大接近しました。いま,小惑星衝突への関心はかつてないほどに高まっているのです。 もし,巨大な小惑星が地球に衝突したら,いったいどんなことがおきるのでしょうか。人類に壊滅的な被害をもたらしうる小惑星の衝突を,あらかじめ察知することはできるのでしょうか。本書は,地球に接近しうる小惑星をめぐる科学知識と最新情報をまとめた一冊です。
[見開き画像を見る]

価格1,512円
消費税込み
ISBNコード978-4-315-51963-1
出版社名ニュートンプレス
ページ数303
著者名日本スペースガード協会
編者名 
訳者名 
監修者名 
版型B6版
初版年月日2013/4/15
発行年月日2013/4/15
目次序章 風雲急を告げるスペースガード

1 小天体衝突の痕跡をめぐる
ロシア・ウラル地方チェリャビンスク州を襲った隕石衝突による大自然災害
世界のクレーターをめぐる
ツングースカ・ミステリー
アリゾナ・バリンジャークレーター
微小天体の地球衝突
宇宙塵の存在量

2 地球接近天体(NEO)の素顔
地球に接近する小天体
小惑星
彗星

3 地球に衝突する天体はあるのか
NEOリスト小惑星編
NEOリスト彗星編
天体の地球衝突の可能性

4 地球に小天体が衝突したら
衝突で何がおきるか
衝突による被害を予測する
火山噴火と小天体衝突の類似性

5 小天体衝突から地球を守る方法
小惑星を検出する
地球接近小惑星観測の国際的な取り組み
軌道を計算する
探査機による小天体探査
小天体衝突からいかにして地球を守るか

6 小惑星は敵ではない
太陽系の起源
資源としての小惑星

7 日本スペースガードの活動
日本スペースガード協会の設立と目的
観測の成果
スペースガード研究センターの活動
教育普及活動
スペースガードの将来構想

緊急声明
Newton Press Web

Newton 電子出版





新刊一覧
選定ジャンル一覧
書籍検索
ニュートンプレスの本

トップへ戻る