Newton Sanseido Net Book Shop
    << 戻る

Newton別冊 ブラックホールと超新星
数 量:



ブラックホールは,宇宙のあちこちにあると考えられている天体です。理論的に,ブラックホールからは光すら出てこられないと考えられています。光を発することも反射することもないことから,ブラックホール(黒い穴)というわけです。ブラックホールがあらゆるものを吸いこむのは,ブラックホールの質量がとてつもなく大きく,強い引力をもっているためです。
 最近の研究によると,一部のブラックホールは恒星の最期におきる大爆発(超新星爆発)でできると考えられています。恒星が爆発するとは,そもそも信じられない話です。しかも,その爆発でブラックホールがつくられるとは,一体どういうことでしょう。
 本書は,謎の天体ブラックホールに,恒星の“死”からせまる1冊です。どうぞお楽しみください。
[見開き画像を見る]

価格2,484円
消費税込み
ISBNコード978-4-315-51886-3
出版社名ニュートンプレス
ページ数160
著者名 
編者名 
訳者名 
監修者名 
版型A4変
初版年月日2010/9/15
発行年月日2010/9/15
目次第1章 星の爆発とブラックホール
 スーパーノヴァ,ブラックホール
 恒星最期の巨大爆発「極超新星」の正体
第2章 輝く星の一生をたどる
 太陽と恒星 誕生から死へのシナリオ
第3章 ブラックホールとは何か
 ブラックホール入門
 不思議な天体ブラックホール
 ブラックホールQ&A
 CGでわかる相対性理論とブラックホール
 消えた初期宇宙の怪物,クェーサー
第4章 ブラックホールとは何か
 星の誕生と死,そしてブラックホール 
Newton Press Web

Newton 電子出版





新刊一覧
選定ジャンル一覧
書籍検索
ニュートンプレスの本

トップへ戻る