Newton Sanseido Net Book Shop
    << 戻る

[品切れ入荷待ち]Newton別冊 虚数がよくわかる
数 量:



虚数とは,「2乗するとマイナスになる数」です。しかし,中学校ではプラス×プラスはプラスになり,マイナス×マイナスもプラスになると習います。したがって,「2乗してマイナスになる数」などというものは存在しないはずです。
 ところが,現実の世界でおきる物理現象を数式であらわそうとすると,虚数が必要となる場合があります。たとえば,「1個の電子」のふるまいを考えるとき,その計算には虚数iが登場します。また,宇宙は「虚数時間」なる不思議な時間の流れとともにはじまったとする,興味深い理論も提案されています。
 本書では,人類が虚数に至るまでの数の歴史と,虚数の不思議な性質をくわしく紹介しています。ぜひご一読ください。
[見開き画像を見る]

価格2,484円
消費税込み
ISBNコード978-4-315-51861-0
出版社名ニュートンプレス
ページ数160
著者名 
編者名 
訳者名 
監修者名 
版型A4変
初版年月日2009/8/15
発行年月日2009/8/15
目次イントロダクション
  人類は数の世界を拡張してきた
  虚数をめぐる数学者・物理学者の歴史年表
1章 虚数誕生前夜
 古代の数
 自然数の比―分数の発明
 「無理数」の発見
 ゼロの発明 1~2
 負の数の歴史
 実数の完成と無限の概念
2章 虚数の誕生
 カルダノの問題 1~2
 「実数」のほころび
 虚数の誕生 1~2
 虚数との格闘 
 虚数単位iの誕生 1~2
3章 虚数の性質
 虚数の可視化と「複素数」1~3
 複素平面の不思議な性質1~3
 虚数で解く不思議なパズル1~2
4章 虚数の物理学
 量子力学と虚数1~3
 「4次元時空」と虚数1~3
 ホーキング博士の「虚数時間」1~3
 小林・益川理論と虚数
5章 もっと知りたい! 虚数
 3次方程式と虚数
 水谷編集長の計算ノート1~3
 ガウスと複素平面 1~2
 フラクタルと複素数
 人類の至宝オイラーの公式1~2
 黄金比と正五角形と複素数
 発展編―代数学の基本定理
Newton Press Web

Newton 電子出版





新刊一覧
選定ジャンル一覧
書籍検索
ニュートンプレスの本

トップへ戻る