Newton Sanseido Net Book Shop
    << 戻る

Newton別冊 みるみる理解できる 太陽と惑星
数 量:



私たちにとって一番身近な宇宙である「太陽系」について紹介・解説している。太陽系は、地球からみればとても大きなスケールだが、その大きさをイメージすることは困難である。本書では太陽系のスケール感を実感できるよう「太陽が1メートルのボールだとしたら…」など、さまざまなたとえを用いて太陽系に迫っている。
 また、太陽系を理解するにあたり、最も身近でかつ重要である「太陽と地球の関係」や「地球と月の関係」についても多くのページを割いている。
 さらに、太陽系の成り立ちや太陽系の未来、太陽系の果てにも迫り、太陽系を構成する天体である各惑星、衛星、小惑星、彗星などについても、最新の知見にもとづいてくわしく紹介している。また、太陽系や惑星にまつわる興味深いトピックを集めた、サイエンスコラムも多数収録している。
[見開き画像を見る]

価格2,415円
消費税込み
ISBNコード4-315-51767-4
出版社名ニュートンプレス
ページ数160
著者名 
編者名 
訳者名 
監修者名水谷 仁
版型A変型
初版年月日2006/05/15
発行年月日2006/05/15
目次第1章 太陽系とは
惑星の軌道1(火星まで)/惑星の軌道2(全体像)/太陽系の構成員/地球からみた惑星/惑星の大きさくらべ/惑星の密度と種類/太陽系の大きさ/コラム
第2章 太陽系の成り立ち
宇宙の誕生/銀河の誕生/太陽系の起源/太陽の“種”誕生/原始太陽の誕生/微惑星の誕生/微惑星から原始惑星へと成長/ガス円盤の消失/太陽系の完成/太陽の成長/コラム
第3章 太陽と地球
太陽とは何か/太陽の内部構造/太陽の磁気活動/四季のしくみ/地球のエネルギー収支/太陽と地球大気/太陽と海洋循環/コラム
第4章 地球と月
月/月の起源/月の形成/地球と月の運動/月食と日食/満潮と干潮/自転速度と月の距離/コラム
第5章 地球型惑星
水星/金星/地球/火星/コラム
第6章 木星型惑星と冥王星
木星/土星/天王星/海王星/冥王星/コラム
第7章 その他の天体と太陽系の果て
小惑星/彗星/太陽系の果て/コラム
第8章 太陽の最期
膨張して赤色巨星になる/地球を飲み込む?/惑星状星雲になる/太陽の最後の姿、白色矮星になる/コラム
太陽系資料編
Newton Press Web

Newton 電子出版





新刊一覧
選定ジャンル一覧
書籍検索
ニュートンプレスの本

トップへ戻る